16Shares

Ride with Passion. Takuya Ono

Pria yang lahir di Osaka pada tahun 1968 ini sangat tertarik dengan olah raga bermotor. Waktu dia kecil beberapa kali dia nonton Dakar Rally. Kecintaan pada olah raga motor ini memicunya ikut serta dalam AXCR. Dia sadar kalau ikut AXCR buat orang Asia sangatlah mahal. 

Tentu karena masalah jarak yang sangat jauh sehingga biaya pengiriman menjadi sangat mahal. Belum lagi biaya team crew biaya, akomodasi lainnya yang menguras lebih dalam kocek kita. Enduro 21 memaparkan bahwa untuk ikut dakar at least kita harus siapkan 80.000 EUR atau setara dengan 1.360.000.000 atau 1.36 Milyar rupiah. Fuihhh…angka  yang fantastis. sementara ikut AXCR hanya 10 persennya saja. Sensasi sama tantangan nggak jauh beda, peserta juga sama datag dari manca negara. 

Itulah yang membuat Takuya Ono ikut 4 kali dalam AXCR ini. Rally itu sudah seperti kehidupan saya. Saya tidak pernah menyerah walaupun beberapa kali saya tidak mendapatkan hasil yang memuaskan dalam AXCR. “Its about passion” katanya.  Saya dapat dipastikan kembali lagi ikut AXCR untuk menggapai cita cita saya mendapatkan yang terbaik. Saya akan melakukan hal yang terbaik untuk sponsor saya.


Takuya Ono pria yang bersahaja ini menyukai memasak dan minum wine, selain hobby utamanya main motor dan mobil. Dia mengajak team Indonesia lebih banyak lagi ikut dalam AXCR, “Nikmati perjalannnya, hadapi tantangannya masalah menang nomor 2 ”  ujar Takuya Ono.

 
Business : 
watch etenoir  shop
richard mille HUBLOT official shop
ST regis hotel Osaka  2010~2014
 
Road construction marble granite asphalt etc.

1968年に大阪で生まれたこの男は、モータースポーツにとても興味がありました。彼は何度か子供だった時、ダカールラリーを見ました。モーターバイクのスポーツに対するこの愛は、彼にAXCRへの参加を誘発しました。彼はアジア人のためにAXCRに加わることは非常に高価であることに気付きました。もちろん、問題は非常に長い距離であるため、配送コストは非常に高価になります。他のチームクルーの宿泊費のコストはもちろん、私たちのポケットの中でより多くを消費します。 Enduro 21は、少なくともダカールに加入するためには、少なくとも8,000ユーロ相当の1,360,000,000または を準備する必要があると説明しました。まあ…素晴らしい数字。 AXCRに参加するのはわずか10%です。感覚は同様に挑戦的であり、参加者はまた国際的です。

それがAXCRに4回参加したものです。ラリーは私の人生のようです。私はAXCRで数回失敗したにもかかわらず、決して諦めなかった。 “その情熱について”彼は言った。私は確かにAXCRに戻って最高の目標を達成することができます。私はスポンサーのために最善を尽くします。

この控えめな男の小野卓也は、料理やワインが好きです。彼の主な趣味はバイクや車を遊んでいます。彼はインドネシアのチームにAXCRにもっと参加してもらうように呼びかけました。「旅を楽しんで、第2の問題を克服するという課題に直面します」と小野拓也は言いました。

ビジネス:

エトルノワの店を見る

リチャードミルHUBLOT公式ショップ

STレジス大阪ホテル2010〜2014

道路建設アスファルト大理石の花崗岩等

WhatsApp chat